『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を見る

 

トム・クルーズ主演。小説もマンガも読んでない。最後のオチがオチてるのかどうなのかわからない。しばらく考える。原作とは話が違っているそうなので、そっちも読みたい。

 

主人公が回を追うごとに精悍になってくの良いけれども、ヒロインはキャラ的に『進撃の巨人』のミカサみたいな感じじゃないんかと思った。戦場の達人だからね。原作小説はそんな感じらしい(wiki情報)。

 

 

追記

 

軽く【ネタバレ】してます。

 

マンガ版を読んだ。小説版はまだ積んでいる。

マンガでは、ヒロインは繰り返しの能力を得ることで強くなったため、経験値だけ上がっているが、肉体は華奢な女性だ(といっても、数々の戦線を勝ち抜いてきたから、キツイ訓練にも耐えられる)。

 

映画版のヒロインは、すでに繰り返し能力を失っているから、屈強な戦士になっていてもいいのか。そもそも設定もかなりアレンジされているみたいだから、映画版と原作小説版、どっちも楽しみだ。

 

コメント