『清須会議』を見る

 

2013年公開の三谷幸喜監督の映画。織田信長と織田信忠が本能寺の変で死に、織田家の相続を誰が引き継ぐか会議が開かれる。後見人は柴田勝家と羽柴秀吉。

 

最大の見どころは信長の弟や息子たちの顔がそっくりよく似てるところだろう(多分違う)。伊勢谷友介(信長の弟・信包役)と、妻夫木聡(信長の息子)が、映画の中で見分けがつかなくて悩んだ。

 

清須城内の閉鎖空間で、限られた人間関係の中で話は進む。知略謀略の限りが尽くされる……と思いきや、どストレートな色仕掛けや、空気が読めない柴田勝家(役所広司)がすてき。丹羽長秀役の小日向文世さんは終始小難しい顔をしていて男前。

 

女性は鈴木京香さん(お市の方)も剛力彩芽ちゃん(松姫)も、眉なしお歯黒。なのに美しいから女優さんってすごいやね。んで、この二人が清須会議の結果を決める。

 

黒田官兵衛役の寺島進さんは、『真田丸』の出浦様にしか見えないから、最後まで「えーっと、この人誰だっけ……」とw (公開年で言うと『清須会議』が先だけども)。

 

コメント