本をはやく読む

最近、本を年間400〜500冊くらい読んでいるので、自分なりに本を速く読めるコツの覚書のようなもの。読書時間のほとんどは、文字から文字へ視線を動かす時間と、ページをめくる時間に費やしているらしい、と、どこかで聞いた。本当か嘘かは知らない。それを前提としているような、していないような。

 

・椅子に姿勢よく座る
姿勢が悪いと疲れて集中力が続かない。寝転がって読むと時間がかかる。

 

・めっちゃページを早くめくる
見開きの半分くらいを読んだら、もうページをめくり始める。読んでも読まなくてもどんどんページをめくっていく。内容についていけないなら、戻って何度でも読み返せばいい。

 

・小さな画面で読む
文字から文字へ視線移動に時間を使うらしいから、画面が小さければパッと見て全体が見える。小さめのスマホ画面のサイズで読むと、めっちゃ早く読める。ただし、画面が小さいとそれだけページをめくる回数が増えるから、効率がいいかは微妙。あと、疲れる。

 

・二段組最強
視線移動とページめくりの時短ができるのが、二段組の本だ。新しい本は二段組の本はなかなかないけど、古い本は図書館で二段組の本を探してくる。

 

・同じジャンル、近い話題の本をまとめて読む
自分の得意な分野や専門分野の本は、早く読める。
初めて触れる知識や、不案内や分野について書かれた本を読むのは時間がかかる。その時は、同じような本を複数冊続けて読むと、だんだん早く読めるようになる。基本的な知識や概要は重複しているから、確認しながら読めばいい。

 

「本を読む」と言っても、じっくり腰を落ち着けて読みたい本や、読書自体を楽しんだり、言葉のリズムや情景を楽しむようなものもある。なんでもかんでも時短すればいいわけではないが、資料読みや、ザっと目を通しておきたい本は、チャチャッと読んでしまって、残りの時間は別のことをしたい。

あと、当たり前だけど、今までやったことのないことを、突然できるようにはならない。毎日練習し続ける。

 

・読書習慣をもつ
なんでも慣れが肝心だ。

 

・何度も読んだ本はめっちゃ早く読める


何度も読んだ本は、早く読むことができる。同じ本を繰り返し読む習慣を。

 

・知らないことにも興味を持つ
自分の得意な分野の本ばかり読まず、自分が苦手だったり、不得意な分野についてもたまには手を伸ばしておく。書店や図書館はジャンルごとに棚が分かれているから、普段近寄らない棚をチェックする。

 

これも人から聞いた話だけど、読書はある閾値を超えると、抽象度が上がって、読み取れる情報量が格段に上がるそうだ。その閾値が、年間300冊くらいだと教わった。まぁ、一日一冊くらいな感じなのかな。聞いた話なので真偽は知らないけれど、感覚的にはそんな分かる気がする。

 

ちなみに「読書家」と言われる人たちは年間1000冊単位で読むらしい。わたしの場合は、今の体力的にこれが限界だ。わたしにとって、体力づくりと生活習慣の見直しも、読書習慣の一部だ。

コメント