『夢の燈影』『総司の夢』『歳三の剣』を読む

小松エメルさんの新選組小説を3つ続けて読む。出版順に『夢の燈影』→『総司の夢』→『歳三の剣』。一作目の『夢の燈影』はメインブログ(あさよるネット)でも紹介した。

 

 

三作の世界はそれぞれ続いていて、主人公の視点の違いで人間模様も微妙に異なって見える。三作を続けて読むと、世界観が立体的に見えてきてよかった。

 

以下、バリバリネタバレしてるので、気にする方はご注意を。

 

 

「鬼の副長」と恐れられている土方だけど、実は新選組の鬼は近藤で、土方はその近藤を恐れている。また、近藤、土方、沖田は単に仲良しな三人ではなく、お互いに畏怖したり疑ったり。その人間関係がよきよき。

 

『総司の夢』では、「沖田氏縁者」も登場する。刀を振るうことのみに生きてきた沖田の恋の話だけど、結末が悲しい。

 

土方は最後まで自らを葛藤し続け、ついに「敵」に打ち勝った時に最期がやってくる。それはとても清々しい場面なんだけれども、ぜひに後の世まで生き延びて欲しかったと思えて惜しかったりもする。それは沖田も同じだなぁ。

 

さらに続編はあるのだろうか。すごく読みたい。

 

『夢の燈影』

新選組――その人斬りに、志はあったのか。男たちに残された最後の夢は、この女性作家に描かれるのを待っていたのかもしれない。日本の夜明け前――幕末維新を駆け抜け、散っていった「新選組」。幹部の華々しい活躍の陰で、語られることのなかった、無名隊士の人生もまた、あった。夢、希望、そして家族と生活。縄田一男氏に「『新選組血風録』以来の収穫」と言わしめた、歴史小説界の新星の文庫化。

 

『総司の夢』

俺はね、夢を見たことがないんです。新選組一番隊組長・沖田総司。江戸の一道場の塾頭だった若者は、時代の急流の中で京に上り、幕末随一の剣士となっていく。仲間と語らい、笑い、涙し、人を斬る。なぜ俺は人斬りなのか。自らに問いながら、沖田は最強の男―鬼の正体を探す。著者渾身の、沖田一代記。

 

『歳三の剣』

幕末、江戸。土方歳三は人生に迷っていた。どこにも馴染めぬ己は、どこに行けばいいのか。近藤勇、沖田宗次郎、こだわりなく生きていける者に惹かれた。吉原からの帰り、歳三は人斬りに遭遇する。その男の正体は―。司馬遼太郎『燃えよ剣』から半世紀。この土方は、裏切らず、新しい。新世代の歴史作家による、新選組興亡小説。

コメント