【ネタバレ】『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を見る

 

プライムビデオで『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を見た。

 

以下、ネタバレしかない話です。

 

スカイネットの反乱後の世界で、ジョン・コナー率いる人類がスカイネットに勝利する。敗北を悟ったスカイネットは、過去を改ざんすべくタイムマシンでT-800を過去(1984年)に送り込む。ジョン・コナーは母のサラ・コナーのもとへ、カイル・リースを向かわせる……

 

という、開始数分は第一作目につながる胸熱展開なんだけれども、カイルが1984年にやってくると、ジョン・コナーから聞いていた世界とは違っていた。すでにサラのもとには味方のT-800がおり、液体のT-1000とのバトルが繰り広げられていた。サラも、第一作目では普通の女性だったが、本作ではすでにT-800により戦士として鍛え上げられていた。実は1984年よりももっと過去、サラが幼い頃にT-1000が送り込まれ、そのサラを守るため何者かが味方のT-800を差し向けていたのだった……という、ややこしい話だ。

 

で、映画の冒頭から、人類の「預言者」となったジョン・コナーが登場するんだけども、あの、2作目のあの美少年のジョンとは印象の異なる、なんというか「ジョン……えらい胡散臭くなったんやな……( ノД`)」って感じだったが、なんと本作のラスボスはこのジョンだったという……。ジョンよ……。

 

レビューなんかを見ていると、シリーズのファンの方には「こんなのターミネーターじゃない」と仰ってる方もいて、「わかりみ」とも思える。ただわたしは全然前知識ナシで見たから、ドキドキして最後まで一気に見ちゃった。

 

ジョン・コナーがスカイネットに改造されて、T-3000になってしまって悲しい。あの未来は変えられるんだろうか。

 

コメント