『帝都物語』を見る

 

プライムビデオで『帝都物語』を見た。そもそも、一昨年だったか荒俣宏さんの小説を読んでいて軽くハマっていた。映画も見たかったけれども近所のTSUYAYAにはなかったし、プライムビデオは便利だなぁ^^

 

小説の丸尾末広の世界がそのまま、イメージ通り映像化されていた。

 

『ジュラシック・ワールド』の次に続けて『帝都物語』を見たんだけど、『帝都物語』の方がSFXがすごいと感じてしまうふしぎw

 

もう、今の映画はSFXが普通過ぎて、CGも実写も同じように見えてしまう。というか、今の映画のSFXはたぶん全然本物っぽくなく、わざとアニメっぽくデフォルトして作られているんだろうけど、それを見慣れてしまっていて、違和感がなくなってるんだと思う。『ジュラシック・ワールド』の冒頭に、インドミナス・レックスが卵を割って出てくるシーンがあるけど、きっと、卵を割って出てきたばかりの雛(恐竜だけど)は、あんな動きはしないだろう(恐竜が生まれるところなんてみたことないけど)。『ジュラシック・パーク』でも、卵からヴェロキ・ラプトルが孵化するシーンがあって、あれは人形を動かしてるんじゃないかなぁ。動きがぎこちないんだけど、こっちの方が「生まれたて」な感じがする。

 

今の映像はどこがアニメーションでどこが実写なのかわからない。特別予算のかかった映画作品だけではなく、普通のバラエティー番組でもバンバンCGが使われているらしい。だから、非現実的なものもバシバシ描いちゃうんだよね。だけど、SFXが未熟だった時代は、なるべく非現実的なものは描かないで、実在するものに偏っている。それが本物っぽさが強調されてるんじゃないのかなぁ〜。たとえば初代の『ジュラシック・パーク』では、ティラノサウルスのロボットを作って撮影される様子を見たことがある。『ジュラシック・パーク』の名場面も、CGじゃなくロボットをつくって写してあるシーンも多く、そりゃ本物っぽいわと。しかも、恐竜なんて誰も見たことないんだから、作ったもん勝ちだw

 

『帝都物語』も式神や鬼が出てくるけど、そんなもの誰も見たことないんだから、どんなものでも説得力があるという。野村萬斎さん主演の『陰陽師』もゆるゆる見てるんだけど、これはCG使いまくっていて、なんかそれがうーん、ちょっとなぁ〜という感じ。とくに『陰陽師』は原作小説が大好きなだけに、CGバンバンつかう話じゃないだろうと、思ったりしたりしなかったり。

 

えーっと、そんで。

 

それっぽい感想を述べるならば、今なんとなく生きづらい社会になってしまっているのは、みんながいわゆる「第六感」とか「虫の知らせ」とか呼ばれるようなオカルトを信じなくなったからだろう。オカルトが排除された世界では、なにか枠にはめられないものと出くわすと、それをどう処理していいかわからない。「病気」や「障害」と診断できればいいけれども、そうではないものを、どう扱っていいのかわからない。「その他」というカテゴリがないと収集がつかないのだ。部屋の片付けも、細かく整理しても整理しきれないものがあって「ごちゃごちゃ」の引き出しを作らないと、部屋はいつまで経っても片づかない。非科学的なオカルトには「その他」や「ごちゃごちゃ」を内包する役割があったんだろう。

 

このへんの話は、また改めてブログに書きたいなぁと思っている。

 

近代は科学の時代だったのだろうけども、新しい時代は「ごちゃごちゃ」を内包できる社会なんじゃないかと思っている。

 

『ジュラシック・ワールド』『ジュラシック・パーク』を見る

 

 

あけましておめでとうございます。昨年末から突然サブブログをはじめ(メインはこっちです→あさよるネット)、特に書きたいネタがないので、プライムビデオで見た映画の感想にもなってないような何かを書き散らす場になっています。

 

元日からおなかの調子が思わしくなく、ゴロゴロしながらプライムビデオで映画を『ジュラシック・ワールド』→『帝都物語』→『ジュラシック・パーク』→『レフト・ビハインド』と4本見た。

 

『ジュラシック・ワールド』と『ジュラシック・パーク』の概要は言わずもがななので割愛。『ジュラシック・ワールド』を見た後に『ジュラシック・パーク』を見たので、「パーク」の名作っぷり際立った。鬼おもしろい。「ワールド」も単体で見れば十分ハラハラドキドキするけれども、「パーク」はあまりにも名作の名作すぎて比較するべきじゃないんだろう。

 

まず、「ワールド」の方は、ぜひ平常時のジュラシック・ワールドの様子をゆるっと数時間見ていたいものだ。しかし、パークの運営を見ていると、草食獣と言えどあまりにも巨大な恐竜と垣根もなく触れ合えるような感じで(恐竜のいるすぐ横を川下りしたり)、どのみちいずれ事故が起こるような動物園だw 犬でも、お客さんが来るときはゲージに入れたり、ロープをつけるだろうに、とマジレスしてみる。モササウルスが、プールのふちにいるインドミナスレックスを捕食するのも、あれってヤバくない?という(人間が自らの力を過信して混沌に陥ってゆく物語だから、マジレス化な映画だと思っているw)。

 

初代『ジュラシック・パーク』も、「なんでブレーカーが外にあんねん!」という、ね。「絶対停電しない」って前提で設計されたんだろうけれども、あの島は熱帯の火山島で、嵐が来る島だからさ。なんかかそういう話、現実でもあるよね。

 

 

で、『ジュラシック・ワールド3』の内容を予想してみる。ネットで検索すると、2021年公開予定らしい(元のソースがわからないんだけど)。『ジュラシック・ワールド』が2015年、その続編が2018年だかったから、3年ペースってことか。

 

まず、神様ごっこをしているヘンリー・ウー博士は恐竜たちによって制裁されなければならない。しかも、すごく呆気なく、どうでもいい死に方をするんじゃなかろうか。神様のまねごとをしている彼がドラマチックに死ぬと、まるで彼が救世主のように見えてしまうから。ちなみに原作小説の『ジュラシック・パーク』でも、パークの創設者ジョン・ハモンドは、すごくどうでもいい死に方をする(映画では寿命で死んだみたいね)。

 

主人公のオーウェンは、ワールド2で、恐竜たちにキスされまくり、愛されまくり、さながら恐竜たちの指導者のようになっていた。映画の冒頭では彼が「大工仕事」をしている描写もある。だけれども、当然ながらオーウェンは神ではないし、指導者でもない。だから、彼は恐竜たちのために犠牲になって死ぬことはあり得ない。ということで、彼は生き残りフラグだ。

 

もう一人の主人公、クレアは、わたしは彼女の存在がよくわからない。彼女はワールド1では、恐竜たちに食べられるべき立場の人物だったようにしか見えない。たまたま甥たちがパーク内にいたから、彼女の運命が変わっただけなのに。2作目ではすっかり恐竜たちの味方になってるからね。

 

で、恐竜たちはこの世に存在し続けても良いのだろうか。ジュラシック・パークの小説や最初の映画が公開された頃とはちがい、今やクローンや遺伝子組み換え技術は普通のものになっている。だけれども、すでに自然の力によって絶滅した動物のDNAを復元するならまだしも、ジュラシック・ワールドの新シリーズでは、「恐竜を人間がデザインした」と表現されている。今の研究では、恐竜に羽毛があった等言われる中で、ジュラシック・ワールドの恐竜たちは古き良きカッコいいデザインのままだ。物語的には、DNAを操作してデザインしたってことになってなきゃ、つじつまが合わないだろう。倫理的には〈それ〉は作ってはいけないものだわな。

 

もちろん、わたしも恐竜が子どもの頃から大好きで、しかもやっぱあの昔のカッコいいデザインの恐竜が好きだ! けれども。フクザツ。

 

このシリーズでは、数学者のマルコム博士の唱える予測不可能な複雑系がテーマになっている。カオスはドミノ倒しのようにどんどん大きな混乱と膨れ上がっていくが、その後は自然と収縮してゆく。つまり、恐竜たちがもたらす混乱も、次第に収まってゆくのかもしれない。恐竜たちはどうなるのかぁ。島に返されるのがハッピーエンドだったんだろうけど、島にはもう帰れないし。

 

わたしは、オーウェンは羊飼いならぬ、恐竜飼いにはなれず、恐竜たちを救えないのがオチじゃないのかなぁと、想像してみる。

 

さて、3年後が楽しみだ。

 

 

『ヒトラー 最期の12日間』を見る

 

2時間半近い長い映画で、ほとんどのシーンがベルリンの地下要塞の中。窓もなく、昼か夜かもよくわからないし、同じような部屋のシーンばかりが連続する。登場する人物たちも軍人ばかりで、みな同じような制服を着ていて、雰囲気も似ている。しかもほとんどは人々の会話ばかりだ。

 

だけれども、見ていると部屋の様子が理解できるし、一人ひとりの人物も丁寧に描かれていて、最後まで退屈しない。うまいことできてるなぁと何度見ても感心する。ベルリンの街の全貌はほとんどわからないけれども、地図使った会議や、模型などが印象的に使われ、街の部分だけ描写されるだけでも、街の様子がわかる。

 

エンディングで、映画に登場した人物たちの「その後」がとても簡単にまとめられていて、つい最近まで存命だった人も多く、第二次大戦が遠い歴史の物語ではないことを知り、ゾッとする感じ。

 

2018年年末 第69回紅白歌合戦を見る

今年は仕事納めをダラダラと大晦日の夜までやっていて、見るともなしに紅白歌合戦を見ていた。

 

曲順のページを眺めつつ、テキトーに覚えていることを。

 

(記事の最後に曲順を引用しておく)

 

DAOKOはテレビで歌っている姿を見るのは初めてだった(たぶん)。映像が、和柄の素材集にあるような絵柄で、ニコ動っぽい演出なんだろうか。ちゃちい感じに見えたけども、NHKホールで生で見たらカッコいいのかな。

 

SexyZoneは、前にも紅白で見ごたえのあることをやってたから楽しみだった。むっちゃ踊るやん。モニターに映る映像を使った演出で楽しかった。

 

AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』は、バンコクで活動する姉妹グループのBNK48とのコラボだった。ちょうど前日『日本の唱歌と太平洋の讃美歌』という本を読んでいた。今年はちょこっと音楽の方面の本を手に取る機会が多くて、中でもアジア、太平洋の地域で近代の西洋音楽がどのように受容されていったのかの経緯に興味を持っていた。長年、アジアの他の地域で日本の流行歌が愛されている例もあるらしい。なんかそんなようなことを思い出しながら見ていた。

 

三浦大知くんは見ちゃうよね〜。わたしの周りでも、大知くんのライブに行ったって人が多くて、うらやましいのだ。わたしも行きたい。

 

そんで、やっぱユーミンだ。みんなの好きな歌を募集していたから、もっとたくさん曲を歌ってくれるのかと期待していたんだけど、『ひこうき雲』と『やさしさに包まれたなら』だけだった。一度だけ生ユーミンを見たことがあって、一曲だけだったんだけども、みんな「うわぁ!ユーミンだぁ!!」とざわめき立ったのを思い出した。

 

今回、一番すげぇなと思ったのが米津玄師だった。これまでテレビに出演してなかったそうだけれども、テレビで彼が歌っている姿を始めてみて、めっちゃええやん!と。大塚美術館のシスティーナ礼拝堂の部屋で、ろうそくをたくさん並べた演出で、薄暗い中で、背後の『最後の審判』が気になった。大塚美術館行ったことないけど、今年こそえいやっと遠征してみようかなぁ。

 

最後のサザンオールスターズの『勝手にシンドバッド』は、カオスw 平成最後の大晦日だからお祭り騒ぎらしいけど、平成最後の大晦日であることと、NHKの紅白歌合戦になんの関連があるのかもわからないが、なんかよくわからないまま、ユーミンがノリノリで釘付け。

 

前半
1 三代目 J Soul Brothers(7) R.Y.U.S.E.I.
2 坂本冬美(30) 夜桜お七
3 郷ひろみ(31) GOLDFINGER'99〜GO!GO!2018〜
4 Little Glee Monster(2) 世界はあなたに笑いかけている
5 山内惠介(4) さらせ冬の嵐〜刀剣男士コラボスペシャル〜
6 DAOKO(初) 打上花火
7 Hey!Say!JUMP(2)  Ultra Music Power 〜紅白スペシャルver.〜
8 丘みどり(2) 鳰の湖
9 天童よしみ(23) ソーラン祭り節2018〜どさんこver.〜
10 Suchmos(初) VOLT-AGE
11 純烈(初) プロポーズ
12 あいみょん(初) マリーゴールド
13 水森かおり(16) 水に咲く花・支笏湖へ〜イリュージョンスペシャル〜
14 Sexy Zone(6) カラクリだらけのテンダネス〜2018紅白ver.〜
15 刀剣男士 刀剣乱舞〜出陣!紅白歌合戦〜
16 Aqours 君のこころは輝いてるかい?
17 YOSHIKI feat. HYDE(初) Red Swan
18 YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン(初) Miracle
19 島津亜矢(5) 時代
20 五木ひろし(48) VIVA・LA・VIDA!〜生きてるっていいね!〜

後半
1 DA PUMP(6) U.S.A.
2 いきものがかり(10) じょいふる
3 AKB48(11) 恋するフォーチュンクッキー
4 福山雅治(11) 2018スペシャルメドレー
5 King & Prince(初) シンデレラガール
6 Perfume(11) Future Pop 紅白SP
7 関ジャニ∞(7) ここに
8 欅坂46(3) ガラスを割れ!
9 三山ひろし(4) いごっそ魂〜けん玉世界記録への道、再び〜
10 西野カナ(9) トリセツ
11 SEKAI NO OWARI(5) サザンカ
12 乃木坂46(4) 帰り道は遠回りしたくなる
13 北島兄弟 北島三郎 ブラザー まつり
14 TWICE(2) 紅白メドレー2018
15 EXILE(12) EXILE紅白スペシャル2018
16 Superfly(3) Gifts
17 三浦大知(2) Be Myself〜紅白スペシャル〜
18 aiko(13) カブトムシ
19 松田聖子(22) SEIKO DREAM MEDLEY 2018
20 氷川きよし(19) 勝負の花道〜世界に響く和太鼓SP〜
21 椎名林檎(6)と宮本浩次(初) 獣ゆく細道
22 松任谷由実(3) 私が好きなユーミンのうた〜紅白スペシャル〜
23 星野源(4) アイデア
24 米津玄師(初) Lemon
25 MISIA(3) アイノカタチ 2018
26 ゆず(9) うたエール
27 石川さゆり(41) 天城越え
28 嵐(10) 嵐×紅白スペシャルメドレー
29 サザンオールスターズ(5) 勝手にシンドバッド・希望の轍

 

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を見る

 

『攻殻機動隊』の実写映画版。そういえば、kindle fireの購入を決意したのは、電子書籍で『攻殻機動隊』を買ったのに、前の端末は動作が遅くてストレスだったからだった。電子書籍は読まずにプライムビデオばかり見ている。

 

ごちゃごちゃした画面が楽しい。全体はダークで色味が抑えられていて、そこへビビットな色が差し込まれている。色づかいは嫌いじゃない。

 

2012年に公開された「サイボーグ009」の3D映画『009 RE:CYBORG』の感想を語らっていたとき、「神山健治が攻殻機動隊つくりたいだけじゃないか」と友人が愚痴っていたのを思い出した(どうでもいい)。

 

 

超カッコいい予告だったのに、予告がすべてだった。009の映画は「超銀河伝説」といい、試されるものばかりだなぁw