『アフタースクール』を見る

 

『鍵泥棒のメソッド』に続き、内田けんじ監督の『アフタースクール』を見る。主演は大泉洋さん。

 

 

中学教師の神野(大泉洋)の元に、同級生だと名乗る探偵・島崎(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。島崎は、同じく同級生の木村(堺雅人)を探しているという。なりゆきで島崎の捜査に参加することになった神野は、行方不明になった木村を追う内に、木村の別の側面を知ってゆく。

 

途中でどんでん返しからのネタばらしが楽しい映画で、ミスリードに次ぐミスリード。観客はある限られた視点でしか物語を見せられず、途中で大きく視点が変わるんだけど、そこでも「えっ、こいつらが黒幕なの……」とここでもミスリードを誘い、初見では話がよくわからず、見返したw 話の筋が理解できると、また別の意味で最初から見返したくなるんだけど……。

 

これはミステリーなのかな? 謎解き的な感じでは面白いけれども、ハラハラドキドキや感動を求めるようなものじゃない。あと、ストーリーも、筋書きを書き出せばどうってことない。見せ方が面白い映画なのかな。

 

堺雅人さんが行方不明役だから、重要人物なのになかなか登場せずにせつなす(´;ω;`)